ESに限らず、1人で抱え込まず第三者からの意見を取り入れることはオススメします!【食品メーカー入社・早稲田大学院・高田 直輝さん・2019卒】

ー 就活前・就活時はどんなことに悩み、何を課題に感じていましたか?

就活前はどうすれば通過するESが書けるのか、就活時はどうすれば一次面接に通るのか、に悩んでいました。ESはインターン時から1つ上の先輩に添削していただき、より簡潔に言いたいことを伝える訓練をしました。ESに限らず、1人で抱え込まず第三者からの意見を取り入れることはオススメします!一次面接はあまり考えすぎず「この面接でこれだけは伝えたい!」ことを1つに絞り精一杯伝えるようにしました。

ー Tsuna就は就活の役に立ちましたか?具体例があれば教えてください。

私は医薬製薬業界理解イベントに参加したのですが、たった1日で業界全体の各仕事の「つながり」を知ることができました。各仕事のつながりは医薬製薬と食品業界で共通する部分も多いため、業界研究がスムーズに進みました。

ー Tsuna就オススメ企画を教えてください。

職種理解インターンシップです。業界研究が進むだけではなく、人事の方々との距離が大変近いため、疑問に思ったことなどに対して生の声で答えていただけます。また、グループワークも行うため、就活が本格化する前に他の就活生とコミュニケーションをとる練習ができることもオススメポイントです。

ー Tsuna就事務局スタッフの印象はどうでしたか?

どのスタッフさんも大変接しやすく、笑顔が素敵でした。就活生の相談にも親身になって応えてくださります!

ー フリーコメント

就活は期待した結果が得られないことも多く、ふさぎ込んでしまいがちになるかもしれません。そんなときこそ積極的に人と話して、気持ちを前向きにしてみてください。通過しないことは決して失敗ではなく、あなたに合った会社にたどり着く大きな一歩だと思います。