※現在掲載中の情報は2019卒向け時点での情報となります。

企業理解1:事業内容

POINT1:vision(未来像、方向性)

サイエンスの限界に挑み、患者さんの人生を変える医薬品をお届すること

アストラゼネカは、サイエンス志向のグローバルなバイオ・医薬品企業であり、100か国以上で事業を行っています。日本においては約3,000人の社員を擁し、主にオンコロジー、呼吸器疾患、循環器・代謝/消化器疾患、の3つの重点領域において、医療用医薬品の開発、製造およびマーケティング・営業活動に従事しています。

「サイエンスの限界に挑戦し患者さんの人生を変える医薬品を届ける」という目的のもと、「サイエンスのリーダーシップを実現すること」「成長を加速すること」「働きがいのある職場を築くこと」を戦略の柱に据え、患者さんの健康に貢献し、あらゆる関係者への価値を生み出すことに取り組んでいます。

詳細についてはこちら(http://www.astrazeneca.co.jp)または、ツイッター”@AstraZeneca”(英語のみ)をご覧ください。

 

POINT2:value(社会に提供している価値・存在意義)

社員全員のコンパスとなるOur Value

【アストラゼネカのValue】

● サイエンスを追い求める “We follow the science”
● 患者さんを第一に考える “We put patients first”
● 勝つことに注力する “We play to win”
● 正しい行動をとる “We do the right thing”
● 新しいやり方に挑戦する “We are entrepreneurial”

私たちのバリューは、アストラゼネカの社員一人一人がどのように働きどのように振舞うべきかを示したもので、あらゆる状況における私たちの判断基準となり組織文化を創り出していくものです。

 

 POINT3:core competance(特長と強み)

「3,000通りの働きがい」のある職場

アストラゼネカが大切にしているのは、健全かつ意欲的に仕事に取り組める環境 において、全ての社員が自律的に能力を最大限に開発する機会を与えられ、そのことによって患者さんの健康や、支えるご家族の方のご負担を軽減することに貢献する活動が達成され、成果が報いられることです。

イノベーティブな新薬の創出を中心としたアストラゼネカの事業活動は、病に苦しむ患者さんが待ち望んでおられる治療への光明や希望をお届けできることにつながります。一人一人の社員がそのことへの責任と意義を日々感じながら思いをこめ、仕事に取り組むことができるのです。そしてその社員の活動を支えるため、能力開発にも積極的に取り組み、スキルの拡充を進めています。

 

企業理解2:仕事理解(つながり図)

※実際に働くときに、どの職種がどの会社と関わるのかがわかります。

 

企業理解3:社風・風土

風土マッチング(評価編)※社内で評価される仕事ぶりや行動タイプ

  1. 失敗を恐れずチャレンジする
  2. 人を巻き込み仕事を進める
  3. やりぬく力、根性がある
  4. 情報の共有や発信が積極的
  5. 後輩や仲間など人を育てる

製薬会社を取り巻く環境は、非常に大きく変化しています。その変化は想像を超えるスピードで進み、デジタル技術の活用はより広範な分野で進んでいます。製薬業界はこれからも様々な変貌を遂げていくでしょう。そのような中で、私たちは医療従事者の方々や患者さんのために5つのValueのもと社員一人一人が、組織(チーム)で仕事をしています。何かを成し遂げるとき、リスクを伴えば勇気が必要になるかもしれません。また、困難な課題に立ち向かうときはやり抜く強い意志も必要になります。

風土マッチング(求める人物像編)

 

◯求める人物像

◯ 自ら進化し、変化の波をリード出来る人(変化をチャンスととらえ、行動できる人)

◯ リーダーシップを発揮できる人

◯ リスクを恐れずチャレンジできる人

アストラゼネカでは多様な人が働いでいます。仕事を通じながら社員一人一人が自らのもてる創造力を最大限に発揮し、それを通じて自らの能力をさらに開発し、進化するチームとなることを大切にしています。チームや仲間と一緒に、自らの影響力を発揮し組織(チーム)とともに成長したい!という方は私たちの仲間としてチャレンジし続けてゆきましょう。

❌求めない人物像

自分自身の能力開発に興味がない、あるいは努力する気持ちがない人

人が見ていなければズルいことをしても良いと思ってしまう人

アストラゼネカが取り組む領域は日々大きな革新や変化が起こるビジネス環境にあります。そうした中で不断の能力開発を行うことによって大きな成果を出すことができるのです。また人の生命にかかわる薬という製品を取り扱う以上どんな場合でも正しいことをする勇気と倫理観が大事です。

 

企業情報詳細

 

アストラゼネカ(株)

アストラゼネカ株式会社

(本社)〒530-0011   大阪市北区大深町3番1号
グランフロント大阪 タワーB 19F

売上高:2,184,00万ドル(2016年度アストラゼネカグローバル決算)/日本製品売上高

社員数:約3,000人

採用予定数:未定