「誰と」「どんな仕事をするのか」食に関わるあらゆる職種のつながりとガチな働き方を理解するインターンシップ。
自分にマッチする職種がわかり、志望動機「なんとなく」から人事に「ガチで伝えられる」レベルに進化する!

Tsunagaru就活 職種理解インターンシップのPOINT

★ 業界代表企業が合同で参加するので、1社単独のインターンより業界全体像が理解できる!

★ 実際に働く社員から、企業ごとの職種について詳しい話が直接聞ける!

★ 企業の人事から、グループワークの取り組み方や仕事理解について直接フィードバックがもらえる!

★ 各企業、各職種で求められる力がわかる!

▶︎ 具体的な働くイメージが持てるので、他の人と被らない人事が知りたいと思っている志望動機が書けるようになる!

 

インターンシップ詳細

日程:12月14日(土)

時間:10:00〜18:00(予定)

会場:アサヒグループ食品 本社(東京:恵比寿)

 

参加企業

食に関わる5社が集結!
食品メーカー代表:アサヒグループ食品
食品卸/商社代表:国分グループ
食品小売代表:成城石井
食品インフラ代表:イシダ、クラウン・パッケージ

 

当日プログラム

PROGRAM① 産業の流れと職種を徹底解剖!参加企業によるパネルトーク

業界内での各社の立ち位置やどんな職種があるのかを、パネルトークを通して理解して頂きます。(インプットタイム)
POINT:1日で一気に5社の話を聞けて効率的!!業界理解、企業理解を深めよう!

 

PROGRAM② 社員へのガチ質問タイム 現場社員や各職種を知り尽くした人事にリアルを聞く

社員の方に各職種について質問します。社員の方からの一方的な説明はないので、職種を理解するために質問をいかにたくさんできるかが重要!今後の会社説明会やOBOG訪問でも役立つ質問力が実践を通して効率的に身につきます。(インプットタイム)
POINT:今後の就活(説明会、選考等)で使える質問力が身につく!

 

PROGRAM③ 職種相関図を作りながら、職種の関係性を整理!グループワークで深掘りをしながらさらに理解

質問タイムで収集した情報をもとに、チームで共有しながら 業界、企業、職種のつながり・関係性を理解します。就活の選考にも活きるグループワークを体験して自分がどんな立ち位置で活躍できるのか今のうちから知ることができます。(アウトプットタイム)
POINT:選考本番前にグループワークで活躍できる自分の立ち位置がわかる!

 

PROGRAM④ 「なんとなく」を解消!説得力のある自己PR&志望動機を作成

グループワークを通して深まった業界や仕事の理解を自分事に落とし込みます。自分がどの職種で活躍できるかを考え、自己PRと志望動機まで実際に書いてみます。今後のESや面接ですぐに活かせる技が手に入ります。(アウトプットタイム)
POINT:どの会社のどの職種にマッチしていて、それは何故か?求められる力がわかったことで、自分の強みとの紐付けができる

 

PROGRAM⑤ 人事からのフィードバック

1日を通して人事からのフィードバックがもらえます!質問の仕方やグループワークの回し方、志望動機の伝え方まで、選考本番前に人事から直接フィードバックがもらえるので本番に生かせます!一度に5社の人事から、様々な角度で評価をもらえます。
POINT:人事の目線でフィードバックがもらえるから、今後の就活に直結する!

 

昨年参加した先輩の声

◆食品業界を目指すにあたり、大手のインターンはなかなか通らず、業界・企業への理解が全然進まないと焦りを感じていました。しかし、このインターンに参加したことで、質問会やグループワークから実際の売場提案・卸と商社の違い・小売やインフラ業の役割など「食品業界全体のつながりや働いているイメージ」を1日で掴むことが出来ました。その上で自分がやりたい事や向いている事・なぜその業界や企業でないといけないのかまで考える機会があり、本選考での「根拠のある」志望動機に繋がりました食品業界に特化してたくさんの企業と接する機会はなかなか無いので、実のある体験が出来ると思います。
(20卒カゴメ内定者・Tさん)

 

(その他の先輩の声)
◆ 食品業界に関わる4つの業種を知ることで、業界全体を立体的に知る事ができ、理解の深まり方が他のインターンよりも濃かった!

◆ 実際に働いている皆様のリアルなお声を聞く事ができ、HPだけではわからない業界や職種について知る事が出来て、とても内容の濃いインターンシップとなりました。

◆ グループワークで実際に手を動かして情報をアウトプットしたことで職種のつながりがよく見えた。個人ではなかなか出来ないので、良い機会となった。