※現在掲載中の情報は2021卒向け時点での情報となります。

企業理解1:事業内容

事業概要

エコスグループは東証一部上場の食品スーパーマーケットです。 エコス・TAIRAYA・たいらや・マスダの屋号を持つ店舗を、関東中心に112店展開しています(2019年12月時点)。 地域により異なる食文化へきめ細やかに対応するため、本部主導ではなく、店舗の一人ひとりの創意工夫を大切にする『個店経営』を行っています。また、環境に配慮した経営も実施。食を通じ、健康・幸せを届け、環境貢献もする企業です。

 

POINT1:vision(未来像、方向性)

コツコツと成長を、そしてチャレンジ精神のエコスグループ

50年以上、「社是 正しい商売」を掲げて、「地域密着」「個店主義」をテーマに“コツコツ”と食品スーパーマーケットを展開してきました。

新聞やテレビ、インターネット、またお客様との対話にも情報収集のアンテナを張り、少しずつ工夫を重ね地域にぴったりの店舗にしていきます。 いつも食べたいものが見つかる品揃え、安全で安心できる商品作り、笑顔の接客、基礎をおろそかにせず徹底し、目指すは地域の「食の専門家」として着実に愛され続けることです。

時には、時代の変化に柔軟に対応し、挑戦することも必要と考えます。

最近では、自社物流(TSロジテック)を活かした同業他社への商品供給事業を本格化。情報管理システムの提供や効率的なコスト管理手法の提供など、経営全般のノウハウ提供にも力を入れていき、BtoCだけではなく、独自の経営インフラ基盤の提供を通じたBtoBtoCの新しいカタチ創りにも挑戦しています。

 

 

POINT2:value(社会に提供している価値・存在意義)

時代の変化に柔軟に対応した、新しいスーパーマーケットを目指す!

【“環境先進企業”のエコスグループ】

『リサイクル・ループ』を2002年よりスタート。店舗から排出される食品残さ(野菜くず等)を回収し「液体飼料」「堆肥」に再資源化。「液体飼料」は豚の肥育に使用し「旨香豚」というブランド名で、「堆肥」はコシヒカリの栽培に使用し「エコス米」として、店舗にて販売をしています。2015年には「地球環境にやさしい桃」の販売も開始。桃の産地で食育セミナーを開催し、食の大切さを伝えています。当社の食品リサイクル率は83.2%(2018年度)と業界トップクラスの実績です。

【Natulive ナチュライブ】

当社の店舗に並ぶ“Natulive”マーク。これはエコスグループが薦める有機・無農薬・無添加・低塩・減塩・低カロリー・低血糖など、特に健康や安心・安全、環境保全等を意識した商品のシンボルマークです。エコスグループが自信を持って商品選定をしている証でもあります。

 

 

 POINT3:core competence(特長と強み)

経営を学びながら、自分自身が活躍できるフィールドがたくさんある

ヒト・モノ・カネ・情報という経営資源を有効活用し、店舗を運営する経験を通じて、経営の勉強ができます。

特に、エコスグループは個店主義を実施し、店舗の裁量が大きいです。

店舗スタッフ1人ひとりが、地域のお客様のニーズを捉え、売り場提案をすることができます。

年齢は関係ありません。

エコスグループでは、店舗以外にも多くの仕事があり、ここでも経営の勉強ができます。

商品の仕入を担当するバイヤー、新規店舗を開発する部門や、ITの専門家である情報システムの部署、お客様へのアピールの仕方を考える販売促進の部署がある他、人事部はヒトの専門家として、総務部は法令の専門家として、活躍するポジションが様々あり、それぞれが経営者に近い立場で活躍することができます。 店舗では幅広い経営資源の有効活用を、本部では一つの経営資源を深く管理し、経営を学びます。

 

 

企業理解2:仕事理解(つながり図)

※実際に働くときに、どの職種がどの会社と関わるのかがわかります。

エコスグループでは、全ての関わる人に感謝の気持ちを忘れない「感謝する心」を大切にしています。 設立から続く創業者の思いであり、そうしてきたことで50年以上にわたり、様々なつながりを築いて経営してきました。 これからも「感謝する心」を持って、つながりを築き、より強く、長く続けていきたいと考えています。

 

 

企業理解3:社風・風土

風土マッチング(評価編)※社内で評価される仕事ぶりや行動タイプ

  1. 人を巻き込み仕事を進める
  2. 失敗を恐れずチャレンジする
  3. アイディアをすぐに行動する
  4. 後輩や仲間など人を育てる
  5. 調和と連帯感で仕事を進める

正しい商売を実践していく上で、大切なものは『感謝する心』、『柔軟な心』、『挑戦する心』の『三つの心』だと考えています。

お客様のニーズは、時代や季節などによっても変化します。そんな変化に柔軟に対応していく必要があります。柔軟な気持ちで、お客様を喜ばせるアイデアを考え、すぐ実行するチャレンジ精神が従業員の成長につながると考えています。失敗しても大丈夫です!考え抜いたアイデアでの失敗であれば、必ず次の成功につながります。成長するための失敗は大歓迎です!

 

風土マッチング(求める人物像編)

◯求める人物像

◯ 食が好きな方・地域の食文化に貢献したい方

◯ 経営に興味がある方

◯ 自分で考えて行動するのが好きな方

地域のお客様を理解し、ニーズを自分なりに考え売り場を提案してほしいと思います。

四季折々の果物や野菜、お魚やお肉、納豆・豆腐といった加工食品や調味料等たくさんのアイテムを取扱います。様々な商品情報と過去の販売実績、地域行事や気候、お客様の家族構成等を基にニーズを分析。店舗経営のための利益も考慮し、販売企画を立案します。自分のアイデアでお客様の食卓を豊かにでき、達成感を感じつつ経営の力も付きます。

❌求めない人物像

✖ 成長を求めない方

 チームワークを大切にしない方

食品スーパーは「変化対応業」だと考えています。
社会環境やお客様のニーズの変化に対応してこそ、社会に必要とされる会社になると信じています。
現状維持を希望される方よりは、自分で考えたことを実行したい、成長したいと思っていただける、変化対応に前向きな方のほうが合っていると思います。
当社では10代~70代まで幅広い世代の方が働いています。色々な方と力を合わせて働けることも小売業の魅力の一つです。

 

就活生へ応援メッセージ

【会社と一緒に成長したい方大募集】
エコスグループは派手さはありませんが、いぶし銀の良さを持つ会社だと思っています。その理由は、お客様にとってより良いスーパーであるため、しっかりとした規模におごることなく地道に挑戦を続けているから。会社と共に挑戦し社会人として成長してみませんか?

 

企業情報詳細

 

エコスグループ

エコスグループ
1)株)エコス・(株)たいらや・(株)マスダ・
(株)TSロジテック)

(本社)〒196-0022
東京都昭島市中神町1160-1

売上高:(連結)1,211億4,200万円(2019年2月末)

社員数:(正社員連結)1,285名(2019年2月末)

採用予定数:100名程度

return t;js=d.createElement(s);js.id=id;js.src="https://platform.twitter.com/widgets.js";fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);t._e=[];t.ready=function(f){t._e.push(f);};return t;}(document,"script","twitter-wjs"));

References   [ + ]

1. 株)エコス・(株)たいらや・(株)マスダ・
(株)TSロジテック)

(本社)〒196-0022
東京都昭島市中神町1160-1

売上高:(連結)1,211億4,200万円(2019年2月末)

社員数:(正社員連結)1,285名(2019年2月末)

採用予定数:100名程度

Copyright © Tsunagaru就活 All Rights Reserved.

Powered by WordPress with Lightning Theme & VK All in One Expansion Unit by Vektor,Inc. technology.