※現在掲載中の情報は2022卒向けの情報となります。

株式会社いなげやの企業情報データで見るいなげや

企業理解1:事業内容

事業概要

2020年度に創業120周年を迎えた当社は、首都圏一都三県(東京・埼玉・神奈川・千葉)に今現在130店舗以上を展開する、食品スーパーマーケット事業を中心に事業展開しております。1900年立川駅前に「稲毛屋魚店」として創業以来、一貫して「まずお客様ありき」の精神のもと、お客様第一主義に徹しており、”地域のお役立ち業”として安心安全な食の提供と地域の豊かな社会の実現に寄与すべく取り組んでおります。

 

POINT1:value(社会に提供している価値・存在意義)

【すこやけく】の実現を目指して。

 

いなげや 創業時

『すこやけく』とは、いなげやの願いであり我々の企業の存在意義そのものです。“お客様の健康で豊かな暖かい日常生活と、より健全な社会の実現に貢献する”という創業からの想いを表しております。いなげやのある街が、すべて健康で豊かな暖かい心を育めるところであるように。「お客様の毎日の食生活を豊かにしたい」「お客様に喜んでいただきたい」という一心から、「お客様の健康で豊かな暖かい日常生活と、より健全な社会の実現への貢献」を経営理念としています。1900(明治33)年の創業以来「まずお客様ありき」の創業精神を受け継ぎ、お客様第一主義を貫いてきました。「新鮮さを、お安く、心をこめて」という経営目標のもと、本当に美味しい食品の提供、更にはその美味しさから生まれる『豊かで幸せな食卓の実現』へ、飽くなき追求を続けています。そうした私達の理念を象徴するのが【すこやけく】。これがお客様の【幸せ】の原点です。

 

 

 POINT2:core competence(特長と強み)

【1】地域に密着したドミナント戦略と【2】”働く人(=従業員)は財産”の考え方

 

いなげや 研修 商品製造

当社が店舗を展開するのは、【東京・埼玉・神奈川・千葉】といった首都圏。人の暮らしを支え、さらに豊かにすることができる地域密着型スーパーマーケットを目指し続けています。私達のドミナント戦略の成果は、130を超える現在の出店数に表れており、先の震災時もコロナ禍でも地域のライフラインとして地域社会を全力で支えております。今後も「いなげやがあって良かった」と、地域のお客様にご支持いただけるお店作りに努めてまいります。
2つ目に、より良い会社作りのために、当社では【人財育成】に力を入れています。当社を支えるのは「人」。「働く人(=従業員)は財産」という考え方から、人材を【人財】と表現します。大切な人財を育成するため長期視点に立った社員育成を考え、入社時のみならず、キャリアアップの為に各階層ごとにカリキュラムを組んで研修を実施します。“食の専門家(プロ)”として活躍できるフィールドがあります。

 

POINT3:vision(未来像、方向性)

【グループビジョン】”地域のお役立ち業”として社会に貢献する

いなげや グループ店

『お客様の喜ばれる顔が何より嬉しい』これは、いなげや創業者猿渡波蔵のことばです。創業から120年を経た現在でもこの精神を引き継いでおります。当社では、少子高齢化、情報社会化、女性の社会進出など多様化するお客様の暮らしぶりを理解し、ニーズに合わせたサービスの拡充を目指しております。近年では24時間いつでもご注文いただけるオンライン・ネットショッピングの拡充、自社直営農場展開による耕作放棄地の抑制や雇用創出、移動スーパー事業「とくし丸」の推進により、高齢者などの買物弱者対応をすることにより「買物の楽しさ」の提供、見守り支援(安否確認)の役割なども担っております。当社を育てていただいた地域のお客様に対し様々な形で地域社会に対して【恩返し】をしていき、今後は 『SDGs』 を切り口に取り組みを深め、全てのステークホルダーの皆様と共に様々な取り組みを通じて 『SDGs』 の達成に貢献してまいります。

 

企業理解2:仕事理解(つながり図)

※実際に働くときに、どの職種がどの会社と関わるのかがわかります。

いなげやとつながりのある企業・職種・人

 

»» いなげやとつながりのある企業・職種・人一覧

 お取組み先様(企業)  食品メーカー・卸売企業、IT企業・制作会社、銀行・信用金庫、物流会社

 支援先様(学校・行政)  小中学校、大学、官公庁(環境省)

 お取組み先様(地域社会)  地元企業、地元大学、日本盲導犬協会、日本赤十字社

»» 閉じる

企業理解3:社風・風土

風土マッチング(評価編)※社内で評価される仕事ぶりや行動タイプ

  1. 失敗を恐れずチャレンジする
  2. 調和と連帯感で仕事を進める
  3. 新しい情報への感度が高い
  4. 情報の共有や発信が積極的
  5. ブレずに継続する

いなげやでは「失敗を恐れずチャレンジする」風土があります。「失敗は成功の母」という言葉があるように、失敗することによってやり方を改めることができ、次へと繋がっていきます。いなげやでは、通常のPDCA(Plan=計画・Do=実行・Check=評価・Act=改善)サイクルに2つの“R”(Recognize=認識・Research=調査)を付け、【ダブルRPDCA】で業務に取り組んでおります。自ら考働することで、会社を通じて自己成長が図れるフィールドがあります。

 

風土マッチング(求める人物像編)

◯求める人物像

『食を通じて地域社会に貢献する』という想いがある人

◯ 新たな取組みにチャレンジした想いがある人

◯ 人と接することが好きな人

『食を通じて地域社会に貢献する』ことこそが、いなげやで働く上での最大のミションであります。これから少子高齢化がますます進む世の中において、地域の方々の暮らしが食を通じてもっと豊かに、もっと便利になるような新たな発想力・創造力が仕事のやりがいへ繋がります!

❌求めない人物像

✖ チームワークではなくスタンドプレーで物事を進めようとする人

✖ 変化を求めず、決められたやり方を好む人

✖  直接伝えるのは苦手、でもSNSで伝えるなら大丈夫な人

 

上記の3項目を好む方は向いていません。弊社の仕事はすべての職種で人と協働し、変化に対応しながら直接相対する働き方です。

 

就活生へ応援メッセージ

いなげや 採用担当いなげやで働く上で出来ること。それは「働く」をもっと楽しんで。「働く」をもっと誇りに。この2つです。お客様の笑顔にこだわる当社の根底にある考え方は、そこで働く社員たちが毎日を笑顔で過ごせる会社であること。『日本一働きがいのあるスーパーマーケットの実現』を共に目指しましょう!

 

企業情報詳細

(株)いなげや ロゴ

株式会社いなげや

(本社)〒190-8517
東京都立川市栄町6-1-1

いなげやの採用サイトへ

 

株式会社いなげやの企業情報データで見るいなげや