企業理解1:事業内容

事業概要

㈱髙山は日本全国のメーカー様からお菓子を仕入れ、大手コンビニエンスストアやスーパーを中心とするお得意先へ卸す菓子専門商社です。商品管理から物流提案、売場提案、PBの企画開発までトータルに行っています。

 

POINT1:vision(未来像、方向性)

お菓子に特化した菓子専門卸売業

㈱髙山は1923年創業し、現在まで「お菓子」に特化して機能を磨いてきた卸売業です。 現在は常温の流通菓子を国内中心に卸していますが、今後は取り扱う商品の温度帯や商圏、業態を広げ、より多くのお客様にお菓子を届けていきます。

今後もお菓子に特化して「お菓子といえば髙山」とお客様に思っていただける企業を目指します。

 

 

 

 

 

 

 

POINT2:value(社会に提供している価値・存在意義)

ニーズに応える。ニーズを創る。

髙山は、お客様の期待に応えることと同時に、新しい需要を創造することを目指し、「ニーズに応える。ニーズを創る。」という事業目的に基づいて行動しています。 時代や環境が変わればニーズも変わり、新しい課題も生まれます。

この事業目的を達成する手段として、
・お客様の売上・利益を最大化すること
・様々な流通リスクを最小化すること
・それらをローコスト運営で達成すること
という髙山の特長である3つの機能を強化・改善し続け、新しい売場・商品・サービスを提案していくことで、これからもお菓子に特化した卸売業として、流通全体益の創出に努めます。

 

 POINT3:core competence(特長と強み)

独立資本を活かした“お取り組み”

髙山は全国規模の菓子卸の中では珍しい、総合商社に属さない独立資本の会社です。方向性や取り組みの意思決断をスピーディーに行うことができ、系列のしがらみがなく自由な取り組みが可能です。 髙山ではお客様との関係を表す際、“取り引き”という言葉は使いません。自社の都合を優先するのではなく、相手への貢献を優先し、力になっていきたい、という思いがあり“お取り組み”と呼んでいます。お客様に誠実に対応し、信頼関係を築いていく「人」が魅力です。 「卸売業は何のためにあるのか?」を常に自問し、果たすべき機能を追求し続ける。この姿勢こそが、髙山の価値観です。

 

 

企業理解2:仕事理解(つながり図)

※実際に働くときに、どの職種がどの会社と関わるのかがわかります。

メーカー様とも小売業様とも窓口は営業ですが、実際にはお金の支払い・請求では事務が、商品の発注・受注等では商品管理が、それぞれの担当者とやり取りをしています。営業以外の仕事でも社内・社外多くの人と関わりながら仕事を進めています。

 

企業理解3:社風・風土

風土マッチング(評価編)※社内で評価される仕事ぶりや行動タイプ

  1. 改善点に気づき実行する
  2. 失敗を恐れずチャレンジする
  3. やりぬく力、根性がある
  4. 人を巻き込み仕事を進める
  5. 新しい情報への感度が高い

お客様の課題解決をすることが、お客様の売上を上げる為に必要不可欠です。言われたことをやるだけではなく、より良くするにはどうすれば良いかを考えて行動し、お客様の想像を超えていくことが求められます。 入社2年目でお客様の売り上げを前年比600%に伸ばし、大きく貢献したとして社内で表彰された社員がいます。お客様の為にどんなことが出来るかを考え、失敗を恐れず挑戦していった結果が出たのだと思います。

 

風土マッチング(求める人物像編)

◯求める人物像

◯ 努力する人

◯ 周囲と協力できる人

◯ 好奇心旺盛な人

お客様に貢献が出来るよう、お客様の課題を探し出し提案をしていくことが求められます。提案は上手くいくことばかりではありませんが、本当にお客様に必要なものを考え、諦めずに考えていく粘り強さと努力が必要になります。

❌求めない人物像

✖ 「誠実」という言葉に共感できない人

✖  人と関わって仕事を進めることに抵抗感がある人

髙山では「誠実さ」を大切にしています。「食」の安全・安心とおいしさや楽しさに関わる事業に携わる者として、その社会的責任の重さを自覚し、高い倫理観に根ざした社会的良識を持って行動しています。

 

就活生へ応援メッセージ

「食」と言っても、多くの企業が存在しています。色々な企業を自分の目で見て感じることが大切だと思います。それぞれ自分に合う企業は違いますので、自分にとっての“良い会社”に出会える様頑張ってください!

 

 

企業情報詳細

 

 

 

株式会社髙山

(本社)〒111-8588 東京都台東区西浅草3-24-6

売上高:2,076億円

社員数:540名

採用予定数:20名前後