どの国もまだ経験したことがない、「少子高齢化」という、これからの日本が挑む最大の課題。

この最大の課題への挑戦者として、最も重要な存在なのが「医薬産業」です。

高齢化による、医療費・社会保障費の拡大、老老介護や認認介護問題など。

非常に難しい課題に対して、各企業が何を考え、何に挑んでいるのか、これからの日本の未来を理解する上で、見逃してはいけない情報です。

日本がこれから経験する課題解決の知恵が、世界でも今後必要になってきます。

日本の最大の課題解決と、その先の世界への貢献、私たちの未来に重要な役割を担う「医薬産業」の今をぜひTsuna就でも感じてください。

 

EVENT

 

 

 

COMPANY

企業情報ページの見方はコチラ

製薬メーカー

 

 

医療機器メーカー
医薬卸
その他

医療・製薬産業の”つながり”

 

製薬・医療産業は人の健康に関わるので社会貢献度が高い産業と言われています。

私達が医薬に関わり健康でいられるために、どんな業種が関わっているのかを知っておきましょう。

メーカーが新薬や医療機器を作り、それを製薬卸がとりまとめ、病院やドラッグストアに販売、配送しています。

製薬・医療と言っても、私たちの手に届くまでには様々な業種が関わっています。

社会貢献度が高い産業ですがボランティアではなくビジネスとして、自分がどの立ち位置で製薬医療に携わりたいのか産業全体の流れを知ったうえで考える必要があります。