※現在掲載中の情報は2020卒向けの情報となります。

企業理解1:事業内容

POINT1:vision(未来像、方向性)

世界No.1を目指して

イシダは「食のインフラを支える」企業として国内No.1、世界No.2というポジションにいます。現在は世界No.1を目指しており「グローバル化」「新市場開拓」を進めています。

【グローバル化】
現在100ヶ国以上に製品を導入していますが、組織のグローバル化と言う点ではまだまだ発展途上です。イシダは毎年海外に拠点を建てており、今後は世界中に拠点を建て、日本だけでなく世界から人材を集め「真のグローバル企業」を目指していきます。

【新市場開拓】
イシダは「食のインフラ」に加え新市場として「医のインフラ」にも展開しています。
「医食同源」と称される通り「食」と「医」は同様に品質が求められるのと、特に国内では高齢化社会やジェネリック医薬品台頭により医薬品需要が高まっているため、「食のインフラ」を支える効率化・品質向上のビジネスは医薬品にも応用できるとして大きな市場開拓のチャンスとなっています。

 

 

POINT2:value(社会に提供している価値・存在意義)

 人々の食生活における「安全・安心」を支えています

イシダの主な取引先は「食品製造・卸・小売」など「食」に関わる企業となり、国内では8割以上のシェアを持っています。そこに対して「生産効率化」「高品質化」を価値として提供し、「食のインフラ」を構築しています。

例えば、最近ニュースでも騒がれている食品への異物混入事件。製品の1つである「X線異物検査装置」は、そういった普段何気なく食べている食品に危険な異物が混入するのを防ぐために活躍しています。

また、スーパーで買物をする時、白いトレー入りのお肉に貼られた値段ラベルには間違いのない重さと値段が書かれていて、商品が置いてある棚には値段をデジタル表示する値札がかけられています。

当たり前のことのようですが、その「当たり前」はイシダが支えています。皆さんが口にする食品の大半が、イシダの製品を通ってきたものなのです。イシダは食のインフラを構築することで人々の食生活における「安全・安心」を支えています。

 

 POINT3:core competance(特長と強み)

 設立以来赤字無し!120年以上成長を続けるビジネスモデル

これまでイシダは赤字を経験したことがありません。バブル崩壊やリーマンショックなど言わゆる「不況の時代」においても成長し続けることができたイシダのビジネスの強みは2つあります。

【強み①食品産業がお取引先】
食品産業に密接に関わるイシダのビジネスは人口の増減に大きな影響を受けます。 人は食べなければ生きていけません。人口の数だけ食品の需要があり、生産設備への需要も高まります。世界的に人口が増加している今、イシダの業績も比例関係にあります。

【強み②トータルシステム製品】
イシダ製品は、お客様要望に応じたオーダーメイド製品が多く「世界に一つしかない製品」を提供しています。それはお客様の課題解決に直結する製品となり、高い付加価値が付きます。イシダにはお客様の要望を的確に捉えられる高い営業力と、それを実現できる高い技術力が100年以上蓄積されており、業界随一のポジションを有しています。

 

 

 

企業理解2:仕事理解(つながり図)

※実際に働くときに、どの職種がどの会社と関わるのかがわかります。

 

企業理解3:社風・風土

風土マッチング(評価編)※社内で評価される仕事ぶりや行動タイプ

  1. 人を巻き込み仕事を進める
  2. 創造性ある個性的な提案をする
  3. 失敗を恐れずチャレンジする
  4. 新しい情報への感度が高い
  5. 新しいお客様、事業を切り拓く

「食のインフラを支える」イシダは、仕事を通して「創造性・チャレンジ精神」を発揮したい方、「チームで成功すること」に何よりも喜びを感じる方が活躍しています。
オーダーメイド製品を作るのは簡単ではありません。営業や技術・アシスタントと一つのチームになり、お客様の協力も得ながらじっくりと課題を解決する製品を作り上げます。

課題を解決できる「創造性」だけでなく、周りから協力を得られる「コミュニケーション」の両方が発揮できて初めてイシダのビジネスが成功するのです!

 

風土マッチング(求める人物像編)

 

◯求める人物像

◯ 自律的・主体的な人

◯ 理解力・想像力がある人

◯ 誠実である人

我々は食に関わる機械メーカーになります。
例えば、機械を作るためには「難しい問題に挑戦できる」「高い知的好奇心を持って物事に関与できる」などの力が発揮されます。

また、オーダーメイドで製品を作っているため「お客様もチームメイトにできる」「自分が変わるだけでなく他人も変えられる」「責任感を持って取り組める」など、お客様への主体的に働きかけられる力も必要になります。

 

❌求めない人物像

✖ 安定志向な人

✖ 一人で成し遂げようとする人

我々のビジネスは「食と人口」という関係に支えられていることもあり、不況下でも需要の尽きない安定感があります。ですが、だからこそ食品産業のインフラとして常に期待に応えるため挑戦を続ける姿勢が求められるのです。安定環境に甘んじず何か目標を持って挑戦を続けてきた方や、それを達成するのに人の力を集められた方を当社は求めています。

 

就活生へ応援メッセージ

私達は「人は自分で決めたことを自ら実行した時にこそ、やりがいを感じ、納得性が高まるのだ」と考えており、この考え方は採用活動にも反映されています。つまり説得ではなく納得を重視したいと思っています。
選考プロセスにおいて、あなたはどういう人なのか、何をしたいのか、何ができるのかなどについて、できるだけじっくりお聴きするよう心がけています。また、選考とは別にできるだけ多くの社員と対話をしていただき当社のことを雰囲気も含めて知っていただける様にしています。もちろん、ご質問に対しても時間の許す限り丁寧にお答えするよう注意しています。それは、互いに先入観やイメージだけを膨らませて判断してしまうことについては非常に危険であると考えているからです。
もちろん物事を実行するときにはさまざまな制約条件があるものなのですが、できる限り対話をして少しでもギャップを埋めていきたいと考えています。みなさんが、他者に説得されるのではなく、自分自身で納得し、理解と共感とともに入社を決意していただくようにすること、これが私たちにとっての採用活動のスタンスであり使命です。

企業情報詳細

株式会社イシダ

(本社)〒606-8392
京都府京都市左京区聖護院山王町44
(東京支社)〒173-0004
東京都板橋区板橋1-52-1

売上高:1,091億2,900万円

社員数:3,451名

採用予定数:約60名程度
(事務系職種30名、技術系職種30名)