※現在掲載中の情報は2023卒向けの情報となります。

株式会社桃屋の企業情報データで見る桃屋

企業理解:事業内容

事業概要

壜詰・缶詰食品の開発・製造・販売
●主な商品
「ごはんですよ!」「花らっきょう」「キムチの素」「ザーサイ」「メンマ」などの定番商品や、
社会現象にまでなった”食べるラー油”こと「辛そうで辛くない少し辛いラー油」などのヒット商品ほか

 

POINT1:value(社会に提供している価値・存在意義)

永続的に皆様より愛される会社~持続可能な社会実現のために~

当社は創業以来、選び抜いた原料を使用し、手間ひまをかけて、
他社の真似できない、まさに人の幸せにつながるようなおいしさの
商品を世の中に生み出してきたという自負があります。
特に当社が今最も力を入れている「かんたんレシピ」提案は、
当社製品の味付けでお客様はかんたんに驚くほどおいしいメニューが
作れるという意味で、家庭の幸せに貢献させていただいております。

また、当社主力製品の容器はガラス瓶でその約8割は再生可能な素材で出来ており、また海洋を汚すことなく、地球環境にもやさしい会社といえます。

このように永続的にお客様や社会からも愛される事ができる、「持続可能な会社」であるという自信と誇りを持っております。

 

 POINT2:core competence(特長と強み)

瓶詰業界トップシェア! ~良品質へのこだわり~

桃屋 商品

1920年の創業以来、“良品質主義”と“広告宣伝主義”の企業理念のもと、
食卓に美味しさと楽しさを提供することを使命としております。

以来、選び抜かれた原料を使用し、手間を惜しまない製法で
良品質な商品作りに努めてきました。
いつも美味しく安心安全な商品をお届けする為に、
人手と時間を惜しまずにかける工程と、
最新の技術や機器を使用した工程とを併せ行ってきました。

 

 

POINT3:vision(未来像、方向性)

MOMOYA NEXT~次の100年に向けて~

桃屋 ビジョン当社は2020年<100周年>という大きな節目を迎えることが出来ました。  それも、当社を長年ご愛顧いただいているお客様皆様のおかげです。  この先の100年においてもお客さまの食卓に寄り添い、そして「なくてはならない価値ある商品を提供する」「簡単に作れるようなものは作らない」という考えのもと、長年に亘りお客様から頂いております「桃屋」に対する信頼を裏切ることのない商品作りを続けていく所存です。

 

 

 

企業理解2:社風・風土

風土マッチング(評価編)※社内で評価される仕事ぶりや行動タイプ

  1. 創造性ある個性的な提案をする
  2. 情報の共有や発信が積極的
  3. お客様からよく褒められる
  4. やりぬく力、根性がある
  5. 人を巻き込み仕事を進める

昨今、日本人の食は多種多様化してきており、流行りのメニューだけでなく、様々な食習慣に適応・対応できる提案力が求められております。  お客様のニーズをいち早くキャッチアップし、自ら実践し検証する、主体性を持った方が、この先の100年を支えていく人物だと考えております。  また、一人では出来ることが限られています。当社はいい意味でこじんまりした家族的な雰囲気を持つ会社ですので、やる気がある人の協力は惜しみません。社員一同を巻き込んで”大きな力に変えていきましょう。

 

風土マッチング(求める人物像編)

◯求める人物像

◯主体性があり、自ら考え行動に移せる方
◯チャンスがあれば、若いうちから活躍したい方
◯食に興味がある、食べるのが好きな方

 

・当社は若手でも意欲があれば、大きな得意先を持たされる事もあり、年齢に関係なく平等にチャンスがあります。

・得意先に提案した商品・レシピを”美味しそう”と共感いただく、という特質上、食べることに興味がない方はなかなか仕事しづらいと思います。(別に大食いや、グルメでなくとも構いません。好きという気持ちが大事です)

 

❌求めない人物像

✖何事も受け身で、言われた事しかやらない人
✖仕事を通じて、成長を望まない方
✖食に興味のない方

 

桃屋から就活生へ応援メッセージ

こんにちは、株式会社桃屋採用担当です。当社は2020年に100周年という大きな節目を迎え、おかげ様で7期連続の増収増益を継続しております。

この先100年も永続していく為、共に成長していける人財を求めております。日本の食文化を支える仕事してみませんか?

ご応募お待ちしております。

 

桃屋の会社概要


株式会社桃屋

(本社)〒103-8522
東京都中央区日本橋蛎殻町2-16-2

桃屋のホームページへ

 

株式会社桃屋の企業情報データで見る桃屋